よくある質問

平均25%のコストダウンを実現
お見積り・ご相談はこちら
海外調達資料
ダウンロード

このサイトについて

Q

熱処理はどこまで対応可能ですか?

A

部品の海外調達コストダウンセンターでは、基本的な熱処理はすべて可能です。

あらゆる金属材料、製品加工に対応するため、基本的な熱処理を行うための機材を完備しております。

焼入焼戻し、高周波焼入れ、真空焼入れ、窒化処理、等が可能です。

当サイトでは、熱処理に対する対応の全ての情報は掲載し切れていませんので、

熱処理に関して詳しい情報をお求めのお客様は、→こちらよりお問い合わせください。

 

 

この質問と同じカテゴリのQ&A

A

部品の海外調達コストダウンセンターでは、基本的に日本で出来る加工はほぼ全て対応可能です。 こちらでは、対応可能な加工方法、素材の一例をご紹介致します。 【加工可能な素材】 各種鉄・非鉄金属・樹脂・その他素材の加工が可能です。 ・各種鉄 鉄:SS440,S10C,S25C...

A

近代精機(部品の海外調達コストダウンセンター)では海外にて測定し、図面に実測値を記入させています。 海外で測定する際には測定器具は三次元を初めハイトゲージ、ブロックゲージ、ピンゲージ等を使用させ、日本と遜色なく測定させております。 日本国内ではハイトゲージ、マイクロ、ノギス等で簡易的に検査してお...

A

材質(鉄、非鉄金属、樹脂等)、形状、加工方法によって保証可能な精度が変動するため 一概には言えませんが 研削加工で0.005、高速ワイヤーカットで0.05、低速ワイヤーカットで0.005、マシニング゙加工で通常±0.02 だとお考えください。