部品加工・海外調達コラム

平均25%のコストダウンを実現
お見積り・ご相談はこちら
海外調達資料
ダウンロード

機械加工とは?機械加工を海外調達するメリットについても徹底解説

10月 8th, 2021

工業製品は大小いろいろな部品から作られていいますが、その部品の作製は「機械加工」と呼ばれる重要な工業技術です。機械加工には品質の担保とコストダウンが求められます。このどちらかがかけてしまっていても問題になりますので、詳細についてご紹介していきます。

 

機械加工とは 

 

「機械加工」とは読んで字のごとく「機械を用いた加工」を意味する言葉ですが、設計図に基づいて、その仕様通りに工作機械を用いて材料を加工する一連のプロセスを含んでいる言葉です。

 

日本の優れたものづくりの技術を牽引してきたのも、日本が優れた機械加工技術を有していたからとされています。優れたものづくりの技術は、優れた性能をもつ部品を安定して大量に生産出来ることが前提条件としてなければ成り立ちません。優れた部品の生産技術とは精密加工さや、加工が困難とされていた超硬部材の加工といった技術力から、高いレベルで安定して生産を行えるといった様々な技術から成り立っています。

 

ものづくりの技術を支えてきた機械加工技術ですが、加工方法によって「切削加工」「研磨加工」「研削加工」「塑性加工」「射出成型」の5つに大別されます。「塑性加工」「射出成型」はそれぞれが独立して発展した技術になりますので、今回は「切削加工」「研磨加工」「研削加工」について紹介をします。

 

*切削加工

切削加工とは、金属などの材料を切ったり削ったりして、形状を加工する技術です。高速回転させた工作物に切削工具を押し当てて削る旋盤加工や、高速回転させた切削工具を工作物に押し当てて削るフライス加工などが「切削加工」に当てはまります。

 

*研磨加工

研磨加工とは微細で硬度の高い砥石を用いて、工作物の表面を削ることで滑らかな状態へ加工する技術です。表面の凹凸を研磨することで数ミクロンオーダーで均一な平滑状態にするため、研磨加工を施された表面は光沢をもち、外観・美観の向上と錆や汚れの付着防止といった効果が得られます。

 

*研削加工

研削加工とは、研磨加工で用いる砥石よりも粗い砥石を用いて表面を削り取る加工技術です。非常に硬度の高い砥石を用いるために、切削加工で加工出来なかった硬い材料に対して形状を加工することが可能になります。

 

機械加工は長い歴史を持ち、様々な部品を作製するために技術開発が進んでおり、現在では3D-CADや2D-CADといったデータを基に、様々な工作機械、旋盤・フライス盤・ボール盤・研磨機・NC工作機械・マシニングセンタといった工作機械が高度なコンピュータ制御をされて、あらゆる材質の材料が、さまざまな仕様のもとに日々加工されています。

 

機械加工を海外調達するメリット 

 

機械加工の海外調達は、資源手配から加工を海外で行い、加工された資材を日本に輸入することになりますが、「コストダウン」がメインの目的になります。国内と比べて、アジア圏は人件費と物価が低く、製造技術も国内メーカーから工作機械を使い、メーカーからの技術教育によって、国内と同じレベルの機械加工技術を担保しているメーカーも増えております。

 

しかし一方、海外調達には注意する必要があるポイントも存在します。

具体例を挙げると品質の低下と、納期の遅れというポイントです。

上記のように海外には日本と同じレベルの機械加工技術を担保しているメーカーも増えてきていますが、低コスト・低品質の製品を供給するメーカーや、低コスト・高品質でも依頼していた納期から遅延するメーカーもいます。海外調達において大事なポイントは、品質と納期というポイントを意識し、信頼できる供給メーカーと契約できるかどうかというポイントになります。

 

機械加工の海外調達なら部品の海外調達コストダウンセンターへ!

 

海外調達による問題を解消する方法として「部品の海外調達コストダウンセンター」の活用が考えられます。アジア圏に提携工場があり、10数年間の取引から国内で生産したものと変わらないクオリティーで高い製作精度と高い品質を持ち、機械部品をアウトソーシング可能な環境がを整えられています。

 

ISO9001認証をもとにした品質検査規格を導入することにより、国内と同等の基準にて品質検査を実施しているため、高品質となっております。海外調達で問題に挙げられれる「意思疎通」や「時差」に関しても、海外の外注加工先まで依頼内容をミスなく、情報共有を行えます。

 

また海外調達では少ない数生産している品物は、かえって輸送コストが高くなってしまうこともありますが、当センターでは週に2回くらいを目安として安定輸入を行っているため、仮に1つの物を海外生産したとしても送料は各製品に分散され、最終的に費用の削減を実現することが可能です。

 

部品の海外調達について「品質・精度は大丈夫なのか…」「対応できる加工種類・表面処理方法に限りがあるのでは…」「納品に時間がかかるのでは…」「むしろコストがかかってしまうのでは…」とご不安をお持ちの方は、ぜひ下記リンクから部品の海外調達コストダウンセンターまでお気軽にご相談ください。

>>>お問い合わせはこちら

>>>技術資料ダウンロードはこちら

>>>加工事例はこちら